結婚 競馬 グランド デビュー 競馬新聞
So-net無料ブログ作成

柴田大知 破門 [スポーツ]



苦労人 柴田大知騎手が、昨年に続き、4月13日 第14回中山グランドジャンプ(G1)を連覇した。


柴田大知選手は、1996年にデビュー
初年度で、27勝を挙げ民放競馬記者クラブ賞を受賞。


デビュー2年目には、早くもラジオたんぱ賞を制して重賞初勝利するも、所属厩舎の反対を押し切って、競馬新聞記者との結婚した事が原因で、厩舎から解雇処分(破門)されてしまう。


その後、フリーの騎手となったが、騎乗回数が激減し、2003年以降は1桁台の勝星となり、調教助手への転身までささやかれるようになる。


しかし、騎乗機会を確保するために、2005年からは障害レースも騎乗するようになり、その後は、平地競走・障害競走の双方で騎乗するようになる。


2011年に東京ジャンプステークスを勝ち、障害重賞初勝利
同年、中山グランドジャンプを勝ち、GI(J・GI)初制覇
一時は、年間56回まで落ち込んだ騎乗回数も、最多の493回にまで復活した。


2011年の中山グランドジャンプ制覇した時の涙のインタビューです



今年の中山グランドジャンプ制覇のインタビューです。
昨年と違い笑顔です。



その柴田大知が
4月15日 第72回 皐月賞に騎乗する。
もし、皐月賞をとれば、連日のG1連覇となる。


自分の信念を貫き、不遇の時代も耐え、復活を果たしたベテランジョッキーに注目したい。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。