So-net無料ブログ作成

夏八木勲 癌で死去 印象に残る作品は? [訃報]

俳優の夏八木勲さんがすい臓癌で死亡

名脇役として多くの映画やドラマに出演した夏八木勲さんが5月11日すい臓癌でなくなられました。
享年73歳
往年の渋い俳優さんがまた一人亡くなられました。
natsuyagi_isao.jpg


夏八木勲さんは、慶応大学を中退し1963年に俳優座養成所に入所。
同期には、原田芳雄さん、林隆三さん、地井武男さん、大知喜和子さんという豪華な面々。
1966年に卒業後は、東映と契約し『骨までじゃぶる』で映画デビューしました。

夏八木勲さんというと、時代劇というイメージがあるのは僕だけではないのではないでしょうか?
子供の頃、祖父とみたTVでよく見かけたイメージが強いです。

新鮮組の土方歳三
服部半蔵

なんかは夏八木勲さんのイメージ的にもすごいはまり役だったと今でも印象に残っています。
どちらかというと、トップではなくて超有能で渋いNO2というイメージでした。


現代ものでは、やはり『戦国自衛隊』です。
当時の映画としてもインパクトもありましたが、夏八木勲さんと主演の千葉真一さんの心のつながりみたいなものは、子供ながらに心に残っています。



今年に限っては、封切りされる5本の映画に出演
脳男
ひまわりと子犬の7日間
永遠の0
終戦のエンペラー
サンゴレンジャー

最後の最後まで現役を貫抜かれました。

ご冥福をお祈りいたします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。